北野天満宮のイベント

北野天満宮

 

12月25日のクリスマスは、

新年に向けてこんな過ごし方はいかがでしょうか。

学問の神・菅原道真公を祀った、

全国の天満宮の総本山として名高い北野天満宮で、

この日「終い天神」が開かれます。

 

6月25日に誕生し、

2月25日に大宰府で生涯を閉じたと伝えられる菅原道真にちなみ、

毎月25日は「天神市(天神さん)」と呼ばれる縁日が開かれるのですが、

12月25日は特に「終い天神」と呼ばれ、

出店数も参拝客数もさらに増え、いつも以上に賑わいます。

終い天神

北野天満宮 終い天神

「終い天神」では、骨董、小道具、古着、植木、衣料品、食料品といった

露店に加えて、注連飾りや干し柿など新年を迎えるための

お正月用の品を売る店も多数。

さらに北野天満宮で行われている

祝箸やお屠蘇の授与を目当てに訪れる人も。

 

1年の締めくくりを肌で感じる大縁日です。

 

朝の6時頃から夜の21時頃までと開催時間も長く、

日没後は境内に500ほど点在する

石灯籠や釣灯籠に明かりが灯り、

ライトアップされた幻想的な北野天満宮を観賞できます。

 

また、縁日が開催される25日は

毎月、宝物殿の特別開館日でもあり、

神楽殿では神楽舞が奉納される日です。

 

国宝の「北野天神縁起絵巻 承久本」や、

重要文化財に指定されている絵馬や太刀ほか、

貴重な資料を間近で眺めたり、

神楽舞を堪能できるまたとない機会です。

初天神

 

ちなみに、1月25日は「初天神」と呼ばれ、

「終い天神」同様、人気の「天神さん」。

12月に行きそびれた方は、

年が明けてからでも足を運んでみてはいかがでしょうか。