二条城の桜の見どころを紹介します。

二条城の桜

元離宮二条城は、徳川家康が慶長8年(1603)自らの館として造営し、

第十五代将軍、慶喜が大政奉還を発表した歴史の舞台。

世界遺産に指定された京都を代表する城郭で、

国宝の二の丸御殿、狩野派の障壁画や桃山美術の粋を表す豪華な欄間彫刻や錺金具、

小堀遠州作とされる二の丸庭園などが主な見どころです。

春は城郭の白壁に桜の花々が映え、その美しさが際立つ、街なかの花見名所の一つ。

城内の桜はおよそ50種、約400本。


スポンサーリンク

 

3月下旬からヤマザクラ・ソメイヨシノが咲きはじめ、シダレザクラ、サトザクラとつづいて4月の終わりまで目を楽しませます。

清流園の洋風庭園に群れ咲く八重紅枝垂れ、「桜の園」の

多種多様なサトザクラの花また花…城郭にふさわしく、

堂々たる容姿の木々や大ぶりの花が盛大に咲き誇り、

まさに爛漫の花景色。ゆったりながれる琴の音にも、

のどかで贅沢な“大名花見”のムードがあふれます。

 

二条城 夜桜ライトアップ

二条城 桜ライトアップ

夜間ライトアップではおよそ200本の八重枝垂れ桜や庭園が照らされ、

散策路や通路の両サイドに足下灯が点灯。

昼のうららかな光景から一転、幽玄な趣がたちこめ、幻想美の世界へと…。

 

大きく枝を垂らした北大手門前の八重桜など、

その姿は妖気まで感じさせて圧巻。

底知れぬ桜の美しさとパワーが実感できることでしょう。

城内は約28万平方メートルと広く、

建造物や美術品など桜以外の見どころも多いので2~3時間かけてゆっくり見物したいものです。


スポンサーリンク

桜観賞スポット1:清流園の洋風庭園
(八重紅枝垂れ・ヤエベニ シダレ)

桜観賞スポット2: 清流園南桜のトンネル
(ヤマザクラ、ソメイヨシノ)

口コミ

二条城ライトアップ散策

二条城桜の散策

住所

京都市中京区二条通堀川西入二条城町541

二条城アクセス

JR京都駅から:京都市バス 9号、50号に乗車。二条城前バス停下車(約16分。220円)

または京都市バス 101号に乗車(約20分。220円)

阪急烏丸駅から:京都市バス 四条烏丸バス停で 12号に乗車。二条城前バス停車下車(約8分。220円)

入場料

大人 600円
高校生・中学生 350円
小学生 200円

京都市内の小学生・中学生は、入場無料

営業時間

8時45分~16時まで(閉城は17時)

夜のライトアップ

毎年3月下旬~4月下旬に開催

二条城ライトアップの
料金・点灯時間
はこちら。
ある条件を満たすと、入場が無料になる特典が

桜の時期・見頃は

3月下旬~4月下旬