高台寺 夜桜とプロジェクションマッピング

高台寺の夜桜イベント&春のライトアップ 夜間特別拝観が3月から5月まで開催されています。

桜が満開の高台寺では、桜が時々ライトアップされて万華鏡の光とコラボしていました。

高台寺 夜間特別拝観 混雑

高台寺 混雑

18時頃に高台寺へ行くと、バスツアーの団体客や、少し早く高台寺へ到着して

明るい高台寺と夜の高台寺ライトアップの両方を楽しもうと訪れた人がライトアップの開始を待って大混雑していました。

すでに初回が見える場所はいっぱいで、奥の和室の畳の上で2回目の上演を待って座っている人が大勢いました。

スポンサーリンク

 

日の入り直後のプロジェクションマッピング

高台寺 混雑

3月初旬には18時頃に日の入りし暗くなっている京都ですが、桜のシーズンは18時25分頃が日の入りでした。

5月上旬には18時50分頃が日の入りになります。

プロジェクションマッピングは、日の入りの時間になると始まりました。

ところが、日の入り直後は上の写真のように空がほんのり明るく、プロジェクションマッピングの光があまりはっきり見えません。

はっきり見えないまま初回は終了し、前に座っていた人は退出するように言われて、ちょっとがっかりした感じで出ていく人もいました。

気合をいれて日の入り前から並ばない方がいいですね。

 

開演時間 5分ほど


スポンサーリンク

高台寺 本堂からの万華鏡ショー

高台寺 プロジェクションマッピング

少し混雑がましになってきた18時40分頃に本殿へ行きました。

靴や傘をビニール袋に入れて靴下で入っていきます。

縁側に座ってショーを見ます。

万華鏡プロジェクションマッピング

正面の少し上から見ると、万華鏡がとてもきれいに見えました。

万華鏡プロジェクションマッピング

プロジェクションマッピングなので、奥の門が開いたり閉まったりする演出もあります。

高台寺 夜桜

枝垂れ桜を間近で見ることもできます。

高台寺 プロジェクションマッピングを横から見る

高台寺 春の夜間特別拝観

プロジェクションマッピングは、本殿に入らず横から見ることもできます。

桜とプロジェクションマッピングを同時に見ることができるアングルですが

低い位置から見るのでちょっと光の絵が分かりにくいので感動が薄れるかも

高台寺 万華鏡ファンタジー 開催期間、時間

2017春のライトアップ「万華鏡ファンタジー」
 協力:京都万華鏡ミュージアム

期間:2017年3月3日(金)~5月7日(日)
拝観時間:午前9時~午後10時
(日没後からライトアップ開始 午後9時30分受付終了)