本文へスキップ

京都のおすすめホテルの予約は

京都のオススメホテルを紹介

平岡八幡宮 花天井hiraokahachimanguu

「花天井」の平岡八幡宮で多彩な椿と出会う


西山のふもと、かつて梅の産地だったことから「梅ヶ畑」と呼ばれるのどかな里に、『極彩色の花天井』で知られる平岡八幡宮があります。

平安時代の初め、弘法大師空海が神護寺の守護神として創建したという山城国最古の八幡宮。鳥居をくぐり
桜並木にみちびかれて長い参道を行くと、一帯には静けさがたちこめ、高い木立に囲まれたなかに古式ただよう社殿が現れます。

有名な「
花の天井」は、室町時代に足利義満によって再建された本殿内陣にあり、公開されるのは春と秋の一時期だけ。江戸時代の文政10年の作という天井画には、椿・山桜から蓮・寒蘭・万年青(おもと)など春夏秋冬の花々が山や野、河原の花などもまじえて44種も描かれていて、その多彩さに驚かされます。なかには水葵(みずあおい)や素馨(そけい)といった珍しい花の名も…。

同時代に描かれた壁画に比べて、天井画は光が当たりにくいため、当時の色彩が残っているとのことです。

 社殿前の緋毛氈の床几に腰かけて、この時期だけ無料でいただける「
大福茶(おおぶくちゃ)」で一服。すぐそばに、紅・白・ピンク・八重・おぼろ…など色とりどりの椿の花を盛りつけた器が置かれています。その美しいこと。

ここは
椿の名所でもあり、境内に自生する200種以上の椿は、もう一つの見どころ。本殿横の「椿の小径」には、葉っぱの先が金魚の尾のように二つに割れた「金魚椿」など多種多様な椿が開花中。こちらも宮司さまに案内していただけます。
参道横の地主社の庭には「願い事をすると白玉椿が一夜にして花開き、願いが成就した」という伝説で知られる
樹齢150年の白椿があり、お花を眺めながら縁側に腰掛けて、お茶や持参したお弁当をいただくこともできます。
それにしても当社の宮司さまのお話は「立て板に水」のなめらかさ。社の縁起から花天井の解説、椿の生態や銘の由来、昨今の自然環境まで内容も多岐にわたり、一聴の価値ありです。




→京都 嵐山の観光スポット


営業時間

10時〜16時

花の天井特別拝観は、3月9日〜5月20日、9月中旬〜11月下旬

入場料金

神殿、花の天井のみ有料
大人    600円 
大学生   600円 
高校生   600円 
中学生   600円 


アクセス

1)JR嵯峨野線で「京都駅」から「円町駅」まで8分。180円。西日本JRバス「平岡八幡」まで約19分。バス亭から徒歩3分

2)京都駅から西日本JRバスで「平岡八幡」まで約39分。バス亭から徒歩3分


→バスの時刻表

→嵐山のおすすめ旅館・ホテル

→京都 嵐山の観光スポット



祇園祭の宵山

比叡山
京都駅前のホテル

河原町ホテル
一流ホテルが多い
烏丸四条ホテル
格安ホテルが多い

スポンサーリンク


京都アクセス


レンタカー
料金比較


京都の移動は
車が便利




USJ攻略
京都駅から
約50分で
USJへ
安いチケット情報も






京都市郊外

子連れお出かけ

京都桜
 

京都桜2014おすすめ


桜ライトアップ2014


清水寺

哲学の道

南禅寺

京都御苑

平安神宮

二条城

醍醐寺




京都観光
 人気スポット

金閣寺

銀閣寺


鈴虫寺

川床 鴨川納涼床

梅小路蒸気機関車

平等院鳳凰堂

京都の美術館

夜行バスで京都へ

京都割引


京都紅葉
 

人気観賞スポット


清水寺

東福寺

南禅寺

永観堂

高台寺

知恩院

嵐山 渡月橋

天龍寺

京都紅葉

東山紅葉

嵐山紅葉

右京区紅葉