本文へスキップ

京都のおすすめホテルの予約は

京都のオススメホテルを紹介

大文字五山送り火daimonnji gozan

大文字五山送り火
 ~京の夏のエピローグ“祈りの火”~


京都観光東山観光大文字 五山送り火




 京都の暑さが峠を過ぎたように思える8月16日、空近く燃え上がるのが「大文字五山送り火」。京都では大文字が過ぎれば夏の終わりが近く、ゆらめく炎の文字は美しくも、どこか寂しい想いにとらわれます。

 観光イベントとして京都近辺から多くの人が押し寄せるほどの人気ですが、お盆に迎えた家々の精霊を再び彼岸に送るための宗教行事

あかあかと山に浮かぶ火は、祖霊の冥福と仏さまの加護を祈って灯されています。

東山如意ヶ岳の「大」、
松ヶ崎西山の「妙」と東山の「法」、
金閣寺北の左の「大」、
西賀茂船山の「船」形、
嵯峨鳥居本の「鳥居」形と、

六つの山に灯されるのが現在の送り火。

五山と呼ばれるのは「妙」と「法」を「妙法」と一つに数えるためです。



この送り火がいつから行われていたかは不明で、平安時代に弘法大師が護摩の行から始めたとも、室町時代に足利義政が子の義尚の冥福を祈って火を灯したともいわれています。

いずれにしても都の長い歴史のなかで、絶えることなく地域の人々によって受け継がれてきた行事。先祖の霊を敬い、現世の平安を願う心は、いつの時代も変わることがないのでしょう。


点火は午後8時に東山の「大文字」から、およそ10分後に「妙」と「法」がほぼ同時に灯され、さらに5分後「船」形と「左大文字」、最後に「鳥居」形、の順序で灯されます。


病気平癒などの祈願に割木とともに燃やされる護摩木は、「妙法」をのぞく四つの山ゆかりの寺院門前で、当日昼頃まで納めることができます。


大文字は鴨川と賀茂川の堤防が絶好の観賞ポイント。

そのほかの山は低いため、交通アクセスも含めて事前リサーチが必要です。穴場ポイントを地元の人に聞いてみるのも一つの方法でしょう。

例えば東山ふもとの真如堂近くから左大文字が見えることなど、案外知られていません。


京都 東山の観光スポット


点灯時間・消灯時間

毎年8月16日 20時から20時15分まで
順番に点灯。

30分ほど点灯し、消えていきます。


大文字が見える場所へのアクセス

「大」の文字がよく見える 下鴨神社付近へのアクセス

京都駅から:京都市バス 17系統
27分 出町柳駅前下車(220円)


阪急河原町駅から:
徒歩で 京阪本線祇園四条駅
から乗車。
出町柳駅下車(6分。210円)

五山送り火 公式ホームページ
由来や点火時間、送り火の写真などが
紹介されています。
よく見える場所も、簡単に紹介されています。


東山のおすすめホテル


京都 東山の観光スポット



祇園祭の宵山

比叡山
京都駅前のホテル

河原町ホテル
一流ホテルが多い
烏丸四条ホテル
格安ホテルが多い

スポンサーリンク


京都アクセス


レンタカー
料金比較


京都の移動は
車が便利




USJ攻略
京都駅から
約50分で
USJへ
安いチケット情報も






京都市郊外

子連れお出かけ

京都桜
 

京都桜2014おすすめ


桜ライトアップ2014


清水寺

哲学の道

南禅寺

京都御苑

平安神宮

二条城

醍醐寺




京都観光
 人気スポット

金閣寺

銀閣寺


鈴虫寺

川床 鴨川納涼床

梅小路蒸気機関車

平等院鳳凰堂

京都の美術館

夜行バスで京都へ

京都割引


京都紅葉
 

人気観賞スポット


清水寺

東福寺

南禅寺

永観堂

高台寺

知恩院

嵐山 渡月橋

天龍寺

京都紅葉

東山紅葉

嵐山紅葉

右京区紅葉